バターの香料

バターの香料は、脂肪酸を中心に構成すれば、OK。

「バターの香気については多くの興味がもたれて、人工バターフレーバーの処方が特許になっている。初期に酪酸が単独にもちいられ、その後、ジアセチルの重要性が認められるようになった。(略)ステアリルアルデヒド、パルミチルアルデヒドが確認され、(略)アセトアルデヒド、ヘキサナール、アセトン、ブタノンなどの確認にともない、(略)新鮮バターは1~2mg/kgのジアセチル、および70mg/kgのアセトインを含むといわれる」

(白木、S40)

もっとも、バターの香料は最近ではこれらの合成香料とともに、バターそのものを酵素処理して香気成分を強めた天然香料がよく使われると思います。

そのメーカーの第一人者は「第一物産株式会社」のバイプラスター

第一物産株式会社のサイト

という製品でしょう。

バターの表示で添加できる製品で、これがあれば、だいたいの用途で困ることはないと思われます。

第一物産の営業が回ってきていない食品会社さんは、ぜひ、お尋ねください。